シェアする

九州復興のために旅行に行ってきてみちゃいました~その壱~

シェアする

皆様、はじめましてのご挨拶。
「くろねこ」ともうします。以後宜しくお願い致します。
しょっちゅう旅行に行くので、ちまちま書いていきますねっ。
今回は、表題の通り、「九州旅行」なのです。ではでは、始まり始まりぃ。

空路~九州へ

時間を無駄にしないためにも遅番勤務が終わってそのまま旅行に出発なのです。眠い!
寝不足確定の旅行なのです。まっ、そんなことは致し方ないとして・・・今回はちょっと時間に余裕を持って10:30フライトなので、自宅でシャワーなんか浴びてから優雅に出発してみました。

今回の旅行も自分で計画を立てて、チケットやら何やらの手配も行い完璧な状態での出発です。マイカーで、成田空港近くの駐車場までてってけてーと走って、車をあずけて空港まで送ってもらいました。

今回のフライトは「ジェットスター」。「第3ターミナル・・・遠いんだよなぁ」なんて頭の中でぼやきながら空港到着。もちろん第2ターミナル。ここから歩けば15分なんて書いてありますが、実際もっとかかります。ということで、ターミナル間移動のバスに乗ることに。

「(メ・ん・)?」ありました。黄色いバス。前と変わらずですな。第2から第1を経由するから、やっぱり10~15分かかるんだっけ?って、変わってる!第2ターミナルから、直接第3ターミナル行きになってる!これは便利。バスを使ったらあっという間に第3ターミナル。やるな!NAA!褒めてあげよう。

余裕を持ってチェックインのはずが・・・

そんなこんなで、前回呼び出しくらって最終搭乗になってしまった汚名返上のためにも、今回は余裕を持ってチェックイン!

保安基準検査もいつもどおりライターを1個献上して、無事通過。次回はライターもちゃんとチェックします(*゚▽゚*)

搭乗時間まで暇つぶしして、カウンター通過しようとしたら・・・
問題発生!なんとスーツケースは機内持ち込みサイズでOK、もう一つ身の回り用に1個のバッグでかんぺきだったのに思わぬ伏兵。

「重量オーバーですね」

2個で7Kgまでって・・・スーツケースは7kg以内にしてあったのにぃ・・・
ザンネン・・・泣く泣く3,000円の出費となり、スーツケースを預けるハメになりました。みなさんもお気をつけくださいませ。

出発早々、痛い出費をしましたが、さらにシート番号「21B」!
オーノー・・・片側3席のうちのど真ん中。一番避けたい場所でしたが、申し込みの際にシート位置の希望が通らない格安プランだったので覚悟はしていましたが、まさか最悪の場所を割り当てられるとは・・・ショックです。
とにかく我慢のフライトになってしまいました。

マイナー路線のくせにほぼ満席。みなさ~ん!今日は平日ですよぉ!あっ、向かうのは「大分空港」。暇人はいっぱいいるものですねぇ、って、僕もですが・・・

さてさて、順調にエアバスA320は大分空港に到着。成田空港と違って、サテライトにビタ付け。ちゃっちゃと預けた荷物を持って、さて、何しようか? 全く無計画なので、とりあえず空港内のレストランで鳥天丼なるご当地ものを食したのでした。

普通に美味しかったです。

湯の街 別府

お腹も満足したので、とりあえず別府へバスで向かうことにしました。何の気なしに左側の席に座ってしまい、直射日光にあたりながら眩しい思いをして悔やんでいたら・・・

別府湾の素敵な景色が見れたので、良しとしましょ!

バスに揺られながら45分、別府に到着!
今日は観光は無し!疲れたから温泉に入って寝る!とは言っても夜ご飯は食べなきゃだわ!でも温泉に入らなきゃってことで、別府湾の雄大な眺めを見つつホテルの温泉に入りました。ここは湯船の周りに畳が敷いてあるんです。初めての経験でした。湯の街らしく、そこここで湯気がホワホワ立っていました。ホテル前のマンホールから湯気が出ていたのはちょっとびっくりです。

夜は、ホテルの人に教わった居酒屋さんでご当地ものを頂いて、まんぞくまんぞくだったのです。「りゅうきゅう」ってのが美味しかったです。

さて、ホテルに戻って寝るとしましょう。街の夜景がきれいに見える部屋でした。別府タワーがなかなかいい感じでしたよぉ。東京タワーと兄弟なんだって・・・高さは断然低いけど・・・

さて、寝る!
明日は、鉄輪(かんなわ)温泉に行ってみるとしましょう。報告は次回の巻で・・・

最後に・・・
こんな気ままな旅ができるのも、この仕事ならでは。旅好きなら時間も有効に使えて、しかも平日の安い時期を狙って予定も組みやすい。そんな方と一緒にお仕事してみたいです。ぜひぜひ、お待ちしているのです。

シェアする

フォローする

女性スタッフ
グレイス男性求人ブログの更新ニュース情報を、
Facebookページにいいね!してチェックしてね♪