「 企画部 」一覧

lifestyle

[ ライフスタイル ] [ ペット ]

【我が家の庭に住み着いた猫の話】片前足を引きずって帰ってきた日のこと

【我が家の庭に住み着いた猫の話】片前足を引きずって帰ってきた日のこと

我が家の庭には10年ほど前に野良猫が子猫を産み落とし、そのままいついたいわゆる「半野良」のメス猫が一匹暮らしています。飼い猫というより隣人に近いと思います。ただまあ、10年も一緒にいるので、さすがに近しい間柄であります。そんなある日、散歩から帰ってくると、その子が片前足を引きずっていました。

culture

[ カルチャー ] [ アート ]

【芸術の秋・第2弾】これから行くつもりの気になる展覧会をつれづれとご紹介

【芸術の秋・第2弾】これから行くつもりの気になる展覧会をつれづれとご紹介

今回も前回に引き続きアートな感じで綴ってまいります。まだ行けてないのですが、気になっている展覧会をそれぞれ紹介いたします。にわかすぎて知識がまったくないので、知識や素養のある方に解説してもらいながら回ると、また一段と楽しいのかなと最近しみじみ感じてます。

culture

[ カルチャー ] [ ゲーム ]

【名作からインディーズ、クソゲーまで】SteamでPCゲームライフに彩を!

【名作からインディーズ、クソゲーまで】SteamでPCゲームライフに彩を!

Steamとは、PCゲームのダウンロード販売をほぼ一手に引き受けるプラットフォームの名称です。一昔前まではパソコンショップなどに行くと、PC用ゲームがパッケージで置かれていたのが、今やダウンロード販売で済み、それを一元管理・販売してるといったイメージでしょうか。

culture

[ カルチャー ] [ アート ]

【芸術の秋】アートの波動?に目覚めたような、そうでもないような…

【芸術の秋】アートの波動?に目覚めたような、そうでもないような…

秋と言えば、皆さんは何を思い浮かべられるでしょうか。グルメ?紅葉?読書?うーん、全部捨てがたいですが、今年のヨシヒコは【芸術の秋】になりそうです。美術や芸術のセンスは皆無ですが、最近はいろいろな展覧会に行ってます。今回はそこで感じたことを書き連ねてみます。

hobby

[ 趣味 ] [ テクノロジー ]

【自作PCを作ろう:後編】初心者が予算20万円で理想のPCを組み立てる~組立編~

【自作PCを作ろう:後編】初心者が予算20万円で理想のPCを組み立てる~組立編~

前回に引き続き、自作PCについての記事になります。導入については前回の記事を参照ください。いかんせん部屋が狭いため、最も場所を取るであろうケースのスペースを確保するところから始めることになりました。開いてみると、裏配線のスペースやどこになにをはめ込むかなど、非常に親切な設計をしていると感じました。

works

[ 仕事 ] [ 理念・主義 ]

【新宿にて…】10年来の友人たちと久々に飲んであらためて感じたこと

【新宿にて…】10年来の友人たちと久々に飲んであらためて感じたこと

先日10年以上付き合いのある友人たちと新宿で飲んできました。年齢もバラバラ、男女それぞれいる中で、真面目な話から爆弾発言や赤裸々トークまで、話題が尽きることなく、あっという間の時間でした。このコミュニティで特徴的だったのは「全員芯がある」という点でした。

hobby

[ 趣味 ] [ 読書 ]

【徒然読書】「成長」というより「変化」できる人材であることを目指して

【徒然読書】「成長」というより「変化」できる人材であることを目指して

ipadの容量が増えたので、改めて自分の電子書籍の本棚を見返してみました。積読本や読み返したい本を含め、オススメ本も多数ございます。こちらのブログで紹介している本もあるので、気になった方はご覧いただければと!(ただ、さわりをつらつら書いているだけなので、参考にならない可能性大)

hobby

[ 趣味 ] [ テクノロジー ]

【自作PCを作ろう:前編】初心者が予算20万円で理想のPCを組み立てる~構成編~

【自作PCを作ろう:前編】初心者が予算20万円で理想のPCを組み立てる~構成編~

現在、自分が使っているPCは、10年ぐらい前にBTOで組み立ててもらったもの。さすがにガタがきている感じなので、新調しよう、せっかくなので自作に挑戦してみよう、という気持ちになりました。20万ぐらいは投じて、組み立ててみたほうが経験になるなと思い、決行に至りました。

works

[ 仕事 ] [ 理念・主義 ]

【ジャイアントキリング!】「成長するためには何が必要か?」の問いに対する解答

【ジャイアントキリング!】「成長するためには何が必要か?」の問いに対する解答

よくサッカーの監督が語られるときに「戦術家orモチベーター」という話になります。両方を兼ね備えている人は少なく、どちらか1つだけということが多いのですが、『GIANT KILLING』の監督・達海猛は見ている限り、両方を高いレベルで兼ね備えている非常に稀有な人といえます。

culture

[ カルチャー ] [ ゲーム ]

【勝利と爆死の狭間で】排出率1%のガチャに何を思う~Fate/Grand Order編~

【勝利と爆死の狭間で】排出率1%のガチャに何を思う~Fate/Grand Order編~

話題のゲーム『FGO』を、自分もプレイしているわけですが、ゲームアプリの売り上げ推移を見てると、短期間にとんでもない金額が動いているんですよね。大体が新キャラ、人気キャラがガチャに投入された時期に上がるのですが、その理由は「キャラ訴求3割、ガチャの渋さ7割」なのではと思います。